DAMEMAN

DAMEMAN

思いついたこと等の雑記

やったね!Amazon prime reading上陸

スポンサーリンク

f:id:gounn:20171006061907j:plain

 

Amazonプライム会員(年3900円または月400円)が利用できる、書籍読み放題サービスのAmazon prime readingが開始されました。

 

どこまでお得になるのかAmazon prime会員

 

これまででも、お急ぎ便等の配送特典、プライム・ビデオ、Prime Music、プライム・フォト、Kindle端末(タブレット電子書籍リーダー)Amazonプライム会員なら4000円引き、会員限定先行タイムセールとお得感満載なのに、Amazonまだやりますか。

 

 

Amazon prime readingでは追加料金は発生しませんのでプライム会員ならどなたでも利用できます(学生向けのprime Student会員も利用可能)

 

書籍読み放題サービスと聞いて、一番気になるのは別途有料のKindle unlimited(月980円)との違いですね。

 

言うまでも無いですが、どちらも全てが読めるわけではなく、Amazon指定の書籍のみが対象です。

とは言ってもベストセラーもあるし人気作品もあります。

 

仕事の合間にチラ見した感じでは、対象の本がAmazon prime readingはコミックや雑誌も含めた和書と200冊程度の洋書含めて開始時896冊、有料のKindle unlimitedはコミックや雑誌も含めた和書だけで12万冊以上(洋書も含めると130万冊以上)なので量は比べものにはなりません。

 

漫画コミックなどは無料で読める巻数がKindle unlimitedの方が多かったりしますが、新しいものはKindle unlimitedでも全巻無料のものはまあ無いので、気になったコミックが対象にあった場合に試し読みするにはAmazon prime readingでいいような気もします。

 

Kindle unlimitedが開始されて数ヶ月は利用していましたが、そのうちに月額を支払ってまで読みたい本があまりなくなり(少し古めの本が多かった)、さらに自分の問題ですが時間があまり取れなくなってしまい月間で読める冊数もさほどでもなかったのでひとまず利用はやめました。

ただ、980円なので1冊読めばほぼ元は取れるんですけどね。

 

Amazon prime readingが追加されて、ただでさえお得過ぎるプライム会員への更なる獲得と、読書量の多い方向けのKindle unlimitedへのお試し版的な感じでしょうね。

このサービスで読書習慣がつくのもいいと思います。

 

Amazon prime readingの対象は毎月入れ替わるようですので、チェックしないと。

Kindleユーザーは、Kindleオーナーライブラリ(月1冊無料で読める)もあるので上手に使いたいところですが対象商品はKindle unlimitedでも被っていたので、なかなか難しいかも。

 

始まったばかりなので、今後の展開が楽しみですね。

 

おわり